転職で年収や給料を上げたい
最初からいい条件で転職したい
1000万円以上の年収が欲しい
有名な企業で働きたい
といった希望がある方はこちらにご連絡ください。

 

また、当サイトからお申込みの方に限り
転職した時に祝い金として10万円お渡しします!

 

>>お申込みはこちら

事務職から畑違いの介護職への転職

私はこの十年で4回転職をしています。それまでは事務職ばかりしてきたので仕事も同じような職種を選んで転職をしてきましたが45を過ぎて事務職に生産性もやりがいを感じられなくなりずっとパートだったので給与面でもアップは見込めないということで職種を思い切って変えようと元々体を動かす事が好きだったのと今更ながら社会に貢献できる仕事は他にないものかと10年前に習得したヘルパーの資格を活かしての仕事に就くことに決めました。給与面の話も出しましたが事務職はパート募集が多く正社員募集は40までがほとんど。それまでの転職も家庭事情もありますがパートの仕事に就いてきました。子供も大きくなり稼働時間を広めるにしても事務職で40過ぎてなかなか正社員の募集はない、それに引き換え介護職で調べてみると正社員の募集をたくさん目にしやはり給与面でも介護職のほうがいいのかと考えより介護職を選択した理由にもなりました
転職に利用したものはほとんどハローワークです。色んなサイトを見ましたがやはり確実性を考えるとハローワークだと思ったのでそちらでお世話になりました。色々検索しましたが私の条件に近いだいたい五社くらい面接をしましたが介護職ともなると働く時間がマチマチ夜勤ももれなくついてくるところが多いのでそこは避けたかったので夜勤がないところを探しました。違う職種を目指して面談を繰り返すと色んな方と話をすることになるので介護職に対して考えていることが段々明確になっていることを感じました。
そして希望の職種、勤務形態、給与面でも納得出来る職場に入職出来ることになりました。
給与面は前職より50000アップ正社員なのでボーナスもあります。ヘルパーの資格をもってはいるものの技術は初心者なので周囲の人からの助言やされていることをしっかりみて自分なりに形になるよう今まで以上に努力したと思います。完全対人なのでその辺りも技術が必要なので沢山の判断を積み重ねて仕事として習得していけるよう努力しました。全く違う職種をするにあたって私自身が感じるのは40を過ぎたこの年齢でそれなりの困難や場面を切り抜けてきたからこそ回避能力、処理能力、判断力を新しい職種になってもムダにすることなく活かしていけるのかなと思いました。不安はもちろんありましたが後悔はないですしこの道で腕を更に磨いてキャリアアップ出来ればどんどん資格などを取り介護職を私なりに確立していきたいと考えています。

ザ、我慢!

転職をしようと思ったきっかけは、最初の面接を受けた時に、聞いていた勤務内容とは大きく違いがあったこと。まず1つ目は、最初に聞いていたのは、自分の一日のノルマを達成すれば、他の人がまだしごとをしていても手伝うこともしなくていいし、終わった時点で退社してもいいと言うことでしたが、実際には自分の仕事が終わっても、他の人が終わっていなければ手伝いに行くように指示され、結局皆んなが終わるまでは帰れなかったこと。2つ目は勤務時間で、一日4時間でお昼過ぎには終わるので、休憩なしの食事なしと聞いていましたが、4時間どころか自分の仕事が終わっても、他の人を手伝わないといけないため、大幅に4時間は過ぎ、ひどい時では7時間?8時間も休憩なし食事なしで仕事をする日も多々ありました。ビジネスホテルのベッドメイキングと言うこともあり、お客様がチェックインするまでに完成していないといけないということから、最終チェックを受ける時に急いで作業をこなしていかなくてはならないので、時にはダメだしも受けることもあり、余計に気持ちが焦ってしまいました。そんな中で、同僚の中に仕事が遅く人の何倍も時間がかかる方がいて、仕事を早く終わってお手伝いしても、手伝ってもらってるから少しは急ごうと言う気待ちがまったくと言っていいほどなく、同じ時給でいながら、仕事が早い人はその方の倍以上こなしても、もらうお給料が一緒だと言うことに、他の従業員からも不満の声がありました。その方はいろんな理由をつけては休む日も多く、しつぜん的に休まれるとその分が私たちの方に回ってきて、ただでさえ一日に対しての仕事量が多い上にプラスされるので、身体も少しずつ悲鳴を上げてきました。そんな過酷な日が続いても、上の方は従業員を増やす事はせずに、さらに追い討ちをかけるように、あまりに過酷からか辞めていく人が1人、また1人と次々に従業員がいなくなってしまい、残された人たちの仕事量があり得ないほどの量に増え、心身共に限界を超えていた為、ここでやうやく辞める決心をしたのですが、そこから更に辞めないで欲しいと止められ続けましたが、私も身体あっての事なので、限りの良い日を決めて退職届けを提出。その後聞いた話によると、私が最終に面接した店長は違う店舗に移動させられたと言う事らしいですが、もう一度いちから勉強し直して、自分の今までやってきたことを反省してほしいです。